FIREへの道

固定費を抑えよう!月4万円節約する方法

不動産投資をしたい人こそ節約を

不動産投資と節約、相反するように感じるかもしれません。

ただ不動産投資を取り巻く環境
特に銀行から融資が難しくなってきている昨今
フルローンでの物件購入はかなり難しくなっています。

少なくとも物件価格の5%、自己資金を入れろと言われます。
また諸費用8%ほどかかるので、全部で13%は現金が必要です。


安い2000万円程度のアパートでも250万円程度かかる計算になります。
不動産投資を始めたいサラリーマンにとっては、高い壁となるでしょう。

そこで実践したいのが、日々の生活で節約をしてお金を貯めることです。

日々の生活の中での節約は、非常に難しいことは、みなさんもご存じの通りだと思います。私も一人暮らしの時、食費を抑えようと安いうどんを食べ続けたりしましたし
電気をコマメに消すことを心掛けてきましたが、なかなか続きませんでした。(笑)

結婚後いくつか試してきましたが、私たち夫婦が実践してみて比較的簡単に効果が出たのが
固定費の削減でした。

最初の記事(なかよし不動産会アウトライン)でも紹介しましたが
わたし達の固定費は下記の通りです。

固定費内訳
・住居費:10万円
 *ローン返済8万円+管理費修繕積立金2万円)
・お小遣い:5万円(2.5万円ずつ)
・奨学金返済:4.5万円
・通信費:0.5万円
 *携帯は楽天モバイル、固定通信はマンションの0.2万円)

住居費は、不動産投資②や③でも紹介した通りですが
私たち夫婦でも若干高いかなと思う面もあります。
もっと安いマンションを買えば、さらに2万円ぐらいは削れたかもしれませんね(笑)

固定費内訳の中でも特に効果が出たのが
携帯通信を大手携帯キャリアから格安SIMの楽天モバイルに変更したことです。
非常に大きかったです。

住居費はできるだけ安くしたい

住居費の削減は即効性があり、大きく節約余地のある費用だと思います。

誰かが住居費は給料の1/3とか言っていましたが
個人的にはお金かけすぎ
だと思います。

できれば給料の1/4とか1/5ぐらいが望ましいです。

ただやはり良いところに住みたいや、通勤で満員電車に乗りたくないから会社の近くに住みたい
といった意見も良くわかりますので、できる範囲で無理のないようにした方が良いと思います。

じゃないと続かないですし。

お小遣いの定義付け

夫婦のお小遣いは2.5万円/月ずつにしています。

一般的なサラリーマンよりはかなり少ないです。
正直もっと欲しい気持ちはありますが
最近はあまりゴルフもしなくなりましたし、娘が産まれて飲みに行く回数も減りましたし
大丈夫ではあります(笑)

ただ難しいのはお小遣いでどこまで賄うかの定義付けだと思います。
「お昼ご飯はお小遣いか?」
「会社の歓送迎会は?」といった具合です。

少なくすれば少なくするだけ良いものではない気がしてます。

楽天モバイル最高

楽天モバイルにして、携帯代1.5万円/月削減できました。
これが一番速攻性があって、効果が大きく、ストレスにもならないと思います。

私たち夫婦は格安SIM契約で、月980円(楽天ダイヤモンド会員なので)ずつ。
記事で話しますが、楽天ポイントで実質タダです。
*ドコモと契約していた時は8000円以上ずつかかっていました)

楽天モバイルの格安SIMはもう新規の契約はできませんが
楽天UNLIMITEDはかなり良いと聞きます。
1年間タダです。1年後からも2980円です。

楽天独自の通信アンテナや回線はまだまだなようですが
エリア外でもauの回線が5GBまで通信速度制限なしで使えます。
また使い切って通信速度制限となっても1MBps出ます。

特に通信制限になってからの通信速度1.0MBpsは凄いです(他社は128KBps)
ブラウジングは若干遅いですが、Youtubeなどの動画はノンストレスで見れます。

まとめ

いくつか紹介しましたが、これが絶対の正解ではないです。
またお金のことだけ考えて、節約しまくってもストレスが溜まります。

どこかで発散しないといけない場面は出てくると思います。
私たち夫婦は、外食が好きなので
月1回ぐらいは有名店を予約してご飯を食べに行きました。(娘が産まれてからは行けてませんが)

たまに贅沢するからこそ
日々の生活や節約や投資を頑張れる
のだと言い聞かせています(笑)

携帯キャリア私は楽天モバイルを使用していますが
楽天経済圏で楽天ポイントせどりをやっている人は実質携帯代タダになります。
タダってすごくないですか?(笑)

楽天経済圏についても、別記事でお話できればと思います。