不動産投資の基礎

投資物件の探し方 フットワーク命!

不動産投資の知識がついてきたら、行動あるのみです。

不動産投資はフットワーク命です!

フットワークの大切さは、どの不動産投資家に聞いても間違えないと思います。

サラリーマン投資家が不動産投資をあきらめる理由は
金融資産がないなどいくつかあると思いますが
行動が起こせずに良い物件に出会えないことが多いのではと思います。

初心者の方向けに、どうやって投資物件を探していけばいいのか
私のやり方を中心に説明していきます。

どうやって探すのか?

不動産投資物件を扱っている不動産業者は
SUUMOやアットホームなどの実需用の不動産ポータルサイトには出てきません。
ではどうやって探せばいいのでしょうか?

基本的に初心者のうちは、インターネットを活用してください。
不動産投資物件専門のポータルサイトがあります。
有名どころでいくと、楽待健美家があげられます。

楽待を例にとると
利回りが出ているので利回り計算をしなくてもいいのがメリットです。
エリアや築年数などを考慮しながら相場感を養ってください。

できるだけたくさんの物件を見ていって、いいなと思った物件があれば
直接担当の不動産業者に問い合わせてみてください。

面談に申し込もう!

物件の詳細を問い合わせると、物件資料を送ってくれたりするのですが、
それよりも大切なのが担当者と顔をつなぐことです。

物件を問い合わせると、向こうから会って話しませんか?的なことを言ってくれます。
絶対に行きましょう。

また言われなくても、お話しできませんか?と聞いてみて
実際に会って面談をするのがおススメです。

面談で聞かれることとしては
属性や金融資産、また欲しい物件のエリアや価格帯などです。
あらかじめイメージを持っておいて、面談で欲しい物件詳細を言えるようにしておきましょう。
面談場所は、業者の事務所や自宅近くのカフェなど様々です。
都合が良い場所でいいと思います。

面談時、物件を紹介してくる場合がありますが
基本的にはショボい物件ですので、上手くごまかしましょう!

現地調査をしよう!

物件を探していると、たまによさげな物件が出てきます。
深く考えずとりあえず現調してください。
遠くても現調しましょう!
そしていい物件があったらすぐ現調しましょう!

できれば物件詳細をメルマガ等で見たその日中に行きましょう!

私は夜21時からでも、現調に行ったことがあります(笑)

本当に良い物件は、出て次の日や下手したらその日に買付申込が入ります。
買付を出す前には、基本的には現調をしておかないといけません。
物件現況を把握しておくことが必須なのです。

現調時に見ておくことはたくさんあります。

・物件の空室は正しいか?(ガスメーターなどは回っているかなどで確認)
・物件近くに嫌悪施設(お墓やごみ屋敷など)がないか?
・駅までの徒歩時間は正しいか?
・日当たりはよいか?
・物件の周りのライバル物件の空室はどうか?

などが挙げられます。
また建物の状態も見ておいてください。
状態を見るのはよく分からないし難しいと思いますが
現調に行きまくっていると「築年数の割に状態悪いなあ」とかわかるようになってきます。

不動産屋と仲良くしよう!

良さそうな不動産屋さんとは仲良くしましょう!

飲み会なども業者もあるので積極的に参加してみましょう!
業者との飲み会に行くと、結構有名な投資家さんともしゃべれる機会がありますし、
業者の方たちにも覚えてもらえるので、面倒ではありますがおススメです。

私たちは、どら妻が仕事で付き合いのある不動産屋の担当者と仲良くしています。
不動産投資物件を扱う業者の中でも比較的大きな会社で
担当者も営業の中で、部長レベルの40代の方です。

私たちがこの人を一番に信用しているのは
私がいいなと思った物件について問い合わせた時に率直に良い悪いを言ってくれることです。
普通の担当者ならすぐ売りたいので、悪い面は言わないものです。

2棟目の物件は、この担当者の方から購入しました。
市場に出てくる前に紹介していただき
その日のうちに一緒に現調に行き次の日に買付を入れ、無事購入まですることができました。

仲良くしたい業者さんには、早くレスポンスするのが仲良くするコツです。
紹介してもらった物件が良くなかったとしても、価格が高いとか、利回りが低いとか、具体的にどこがネックなのかすぐ伝えることがとても重要です。

1棟目購入まで1000本ノック

初心者には、不動産業者はキビシイ目線を見せてきます。
確かに買ったことがない、買うかどうかも分からないような人に
いい物件なんか紹介しないですよね(笑)。
それでも食らいついていくしかないんです。

探し方をまとめると以下のようになります。

物件の探し方
①物件をポータルサイトで探す。(1000件みる)
②良いなと思った物件に問い合わせる。(50件に問い合わせる)
③不動産業者と面談をする(最低10社とは面談)
④自分が欲しい物件詳細を言い、あったら教えてもらう
⑤メルマガに登録して、毎日欠かさず物件を見まくる(毎日30件以上)
⑥良いなと思った物件があったら、すぐ電話で問い合わせる(1週間で1回は)
⑦物件詳細を貰っても良かったら、その日のうちに現調に行く(月2回は現調)

こんな感じですかね。
フットワーク命で行動をしまくり面談しまくり不動産業者と顔をつないでおくことが大切です。
またいい物件があったらすぐ行動をしなければなりません。
不動産業者的にも、すぐ行動をおこして現調に行ってくれる方が嬉しいですし
買付も早く出してくれるので、購入できる確率も高くなります。

ここまで不動産投資におけるフットワークの大切さを言ってきました。
私たちも不動産投資をはじめようと思ってましたが
なかなか行動できない気持ちはよく分かります。

セミナーや飲み会に行けば、私みたいに20代の人はいませんでしたし、面談も若干恥ずかしいなあとかいう気持ちがありました。
ただやはり私たちには、不動産投資をやりたいという気持ちが強くありました。
また数をこなしてくると、業者の人と話したり現調することが、だんだん楽しくなってきたのです。

みなさんも行動し続ければ、絶対楽しくなってくると思います。
是非フットワーク軽く、行動してみてください!