不動産投資あれこれ

目指すべき不動産投資家像!

私たちは、目指している不動産投資家像は、
物件を持ちすぎない投資家です。

「それって不動産投資家としてどうなん?」的な意見もあるかと思います。

持ちすぎたくない理由は、私たちが、不動産を持ちすぎるのが怖いと思っているからなのかもです。
やはり不動産投資は少なからずリスクがあります。修繕リスクや災害リスク等もあります。
もちろん保険には加入していますし、減らせるリスクには対応しています。
ただそれだけで十分でないのも現実です。
*都心で巨大地震が起きたら、保険会社潰れるんじゃないか的な話もありますし(笑)

融資だと3億ぐらいがMAXかなと思ってます。
キャッシュフローにすると、年1000万円弱と言ったところでしょうか?

不動産投資の目的

そもそも私たちが不動産投資をやっている目的は以下の通りです。

不動産投資をやる目的
・早期退職、経済的自由FIREを目指している
・給料以外の収入が欲しい
・不動産を探すのが楽しい

いろいろ書いてますが、一番は早期退職を目指している点です。
早期退職を早めてくれる手段として、大事なのは不動産投資だという位置づけというか考え方です。

現在は共働きですが、子供がいるため、妻はいつまで働けるか分からないと言っています。

妻の給料に頼れないと考えた時、不動産投資は必須です。
正直FIREは無理だと思います。

目指す年キャッシュフローは?

早期退職するには、どれだけの金融資産とキャッシュフローがあればいいのでしょう?

これは、様々な意見があると思います。
私たちは子供がいます。できるだけ教育費はケチりたくないと思っていますので、結構な額が教育費としてかかってくるのでしょう。
また、できればずっと都心に住みたいと考えているため、その分住居費や生活費はかかってきます。やっぱ都心って、私の実家の岐阜とか地方に比べると生活費かかってきてしまいますよ。

それらを考慮しつつ、目標を立てました。
リタイアした後の目安です。

金融資産⇒1億円
年キャッシュフロー⇒600万円

金融資産1億
例えば金融資産1億のうち5000万円は、高配当株を購入して、配当金
投資のポートフォリオ的にも、不動産だけでは心もとないです。
積立NISAもやっていますが、それにプラスして現金を株式にしていくことを熟考中です。

キャッシュフロー600万円あれば、あまり節約を意識せずとも今の環境ぐらいで生活できると考えています。

何年後までに到達するか?

12年後を目指しています。

正直、不動産投資のキャッシュフロ―年600万円だけをめざすのであれば、そこまで難しくないと思います。あと5年もあれば達成できると思います。

難しいのは1億の金融資産を気づくことです。
現状1500万円しかありませんので、8500万円足りません。

年キャッシュフローが600万円あったとしても、14年。物件購入資金を考えるとさらにお金が必要となってきます。
私の場合600万のキャッシュフローのためには、あと1億円分ぐらいの物件が必要となってきますので、頭金諸費用込みで1500万円は用意しないといけません。

やはり1億貯めるって果てしないですね。
ただ無理な数字ではないなと感じています。

目指すべき不動産投資家像とは?

私は不動産投資が大好きです。

でも不動産投資に対する一般的な方の視線って、やはり「あやしい」に尽きると思います。
また不動産って多くの方が失敗しています。今だと都心ワンルームなど明らかに儲からない物件なのに、買ってしまって困っている人や、ださまされているのに気づいていない人も多いです。
実際怪しいのかもしれません(笑)

最終的な目標は、もちろん早期リタイアですが、みなさんに適切な不動産知識を得てもらうことです。わたしも若輩者ですが。

これからも不動産投資の楽しさを伝える、またワンルーム投資などで困っている人たちを助けることができるよう、発信していきたいと思っています。